スポンサーサイト
この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。
| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
小さな木材を効率よく集める方法|牧場物語はじまりの大地の攻略
<小さな木材を効率よく集める方法|牧場物語はじまりの大地の攻略>
このゲーム、「どうぶつの森3DS」を心待ちにしている人が手に取っている場合もあると思いますが、
「どうぶつの森」シリーズのファンでも、十分楽しめると思います(^-^)
(公式サイトをみれば、合うかどうかわかると思うので、実際目で確認するのがお勧めです。)

ゲームを始めてしばらく経つと、新しい施設を作れるようになります。
そこでよく使うアイテムになるのが「小さな木材」という名前の素材です。
「木材」であればお店で売っているのですが、小さな木材や小さな石材については
基本的に森で集めてくるしかありません。

ただ、「資材置き場」の施設がないと、貯めておくこともできないので
現実的にはこの方法が一番だと思います。

『牧場や町に生えている木をオノで伐採する』(広葉樹が≪小さな木材≫になります)

一度で何本も手に入るので、1本ずつ地道に拾っているよりも
効率よく集まります。
木の本数に上限はあると思いますが、今のところ最初から生えている木だけでも十分足りてます。
(恐らく植えたばかりだと思われる木が何本かあったので、ゲームを進めていくうちに
あれが育つと思います。そうすれば、また材料として使えるんじゃないかな?)

一番最初にもらうオノでは木が切れません。
そこで必要になるのがオノを成長させること(拡張?)。
最初に増える住人、「イロハ」が鍛冶師なので、この子にプレゼント(石とかの鉱石系)をあげて
仲良くなっていくと、「改良道具の組み立て図」をもらえます。
オノやハンマーの上位版である「鋼のオノ」を作れるようになれば、
針葉樹や広葉樹を切れるようになるので、ここまで育ててみてください。
これで、ニワトリ小屋や水田、資材置き場など、色んな施設を作りやすくなります、

尚、最初に作る施設は「資材置き場」がオススメです。
これがあれば、今までカバンの中で保管していた素材を入れておけますし、
作る際に取り出す必要もありません。
最初は資材置き場、次に自分の作りたい施設を作るのがオススメです。
(私は資材置き場→ニワトリ小屋→普通の畑、という順番で作りました。)

このゲームを遊んでいると、ますます「どうぶつの森3DS」が遊びたくなります(^^;)
やっぱりほのぼのした雰囲気の癒し系ゲームはいいですね(^-^)
JUGEMテーマ:どうぶつの森3DS


| たっつー | ゲーム | 21:10 | comments(0) | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:10 | - | - | - | - |